2022年3月27日日曜日

縁日




今日は縁日


縁日というと
出店が出ている日のことを
想像されるかもしれませんが


縁日とは「有縁の日(うえんのひ)」や
「結縁の日(けちえんのひ)」の略した言葉



有縁の日とは
神仏がこの世に縁(ゆかり)を持つ日のこと。


結縁の日は
神仏が世の人々を救うために手を伸ばして

特定の神仏と人が縁を結ぶことが
できる日のことを言います。



もともと縁日とは
神仏に縁のある日に、神社やお寺に
参詣することを意味しています。


縁日には、神仏の降誕や
示現、誓願の日など
神仏に縁がある日に祭祀や
供養などが行われ
この日に特定のお寺や神社に
参詣すれば
特にご利益があると信じられています。


仕事で外出したので
近くのお初天神へうかがいました。


境内の桜は満開
今年初めてのお花見が出来ました。

2022年3月5日土曜日

更年は人生をチェンジする




先日、海外ドラマの
『セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)』を
観ていましたら
閉経について語る場面がありました。


彼女たちは50代真ん中くらい
シャーロットは4ヶ月生理が来ないので
閉経だと言っていましたが
自然の状態で月経が1年こなかったら
閉経というのが一般的な考えのようです。


日本人女性の平均的な閉経年齢は50.5歳。
個人差があり40代で閉経する人もいれば
56〜57歳ぐらいまで月経がある人もいます。


私自身、生理痛、生理不順ということは
殆どなく。
そして、日本人としては遅い方で
57歳になる直前まで生理がありました。


毎月あった生理がなくなってしまうと
「女性としての機能がなくなるようで寂しい」
「上がってしまったと思うと悲しい」
そのような感覚もありますが
閉経はあくまでも現象のひとつにすぎません。


閉経を迎えるためのホルモンの変化は
ずっと前から徐々に始まっていて
閉経したからといって
その前後に突然大きな変化があるわけではありません。


かつては性ホルモンとしての
役割がメインだった女性ホルモンが
これからは疾患や不調から私たちを守り
毎日を健やかに生きるために支えてくれる役割へ
シフトしていく時期と私はとらえています。


閉経前の5年間と閉経後の5年間とを併せた
10年間を「更年期」


更年期に現れるさまざまな症状の中で
他の病気に伴わないものを「更年期症状」といい
その中でも症状が重く日常生活に支障を来す状態を
「更年期障害」というそうです。


閉経前の5年間も、顔にだけ汗をかく
軽いホットフラッシュのようなものは
ありました。


しかし、めまい、動悸、疲れやすさ
胸が締め付けられるような感じなどの
身体的症状はもちろん


気分の落ち込み、意欲の低下、イライラ
情緒不安定、不眠など
精神的症状は感じたことがありません。


ですが、閉経後の5年間も更年期となると
これからこのような症状が現れるかも
しれないです。


小じわやたるみ、薄毛といった
外見的な問題だけではなく
生活習慣病は閉経する頃に増えてきます。
骨や血管、内臓などにかかわる不調は
閉経後に増加。


女性ホルモンは、女性にとって大切なパートナー。
それを見据えたうえで、女性ホルモンの分泌量も含め
定期的に検診を受け、現状を把握していこうと思います。


閉経は“終わり”ではなく
“新たなスタート”です。


ひとつの人生を完了し
次の人生への始まり
身体も心も新たなスタートへ

2022年3月3日木曜日

3月3日ひな祭り開運法







今日、3月3日は
魚座の新月に続き、
桃の節句、「ひな祭り」


ひな祭りは女の子、子供の行事と
思っていらっしゃいますか。


いえいえ。
ひな祭りは万人にとって
重要な浄化のための節句。


ひな祭りである上巳の節句は
昔、中国でこの日に水辺で禊をして
穢れを祓っていたのが起源。


日本に伝わってからは 形代(かたしろ)と
呼ばれる人形(ひとがた)の紙で
体を撫で擦り
その紙を川に流すことで
厄を祓うようになりました。


その人形の紙が次第にデコレーションされ
流し雛となり。
さらに女の子がその人形で遊ぶようになり。
そして現代のようにひな人形を
飾るスタイルへと変わってきました。
そもそも ひな祭りは重要な
“浄化のための節句”だったのです。


遅い時間になってしまいました
本日の開運行動は


お風呂での浄化
お風呂にひとつまみの天然塩と
少しの日本酒を入れれば
浄化力が強力に高まります。


2022年2月22日火曜日

なんとなくを辞める





ネットでお買い物をした時
一度受けたセミナー
教えていただいたポイ活
プレゼントの書籍が読みたくて
登録したメルマガ


気がつけば1日に100件近くの
メールが毎日届く


読みもしないのに
削除に時間を割くことに


先日から徹底的に
配信解除をしてスッキリ


読みたいと思っている本でさえ
読む時間を確保することもままならない
メールに目を通すこともない


いつかはいつまでも来ないし
なんとなくならやらなくていい


時間は有限
やりたいことをやる

2022年2月21日月曜日

心の満足度





前回ホテルに滞在した時に
ビュッフェのお食事が
美味しかったので
今回も迷いなくビュッフェへ


しかし、今回はなぜか
あまり美味しく感じず
2日目は和食へ


少しずつ自分達の好きなものを
オーダーする和食
種類は明らかに少ないのですが
全て好きなもの
満足度が高く、ひとつひとつ
味わいながらいただくことで
心の満足度が高かったです。


明らかに高いと思っていた
お値段がビュッフェより安く
満足度は最高でした。


これからは量ではなく
少しクオリティを上げて
本当に好きなものを食べよう。


満足度を基準に
物を選んでいきたい。

2022年2月20日日曜日

感謝







昨年末に手術を受けた家族

母は別の手術を3月に受けるため
心臓の薬との兼ね合いで来週から入院


主人の家族は貧血がひどく
原因を調べるために検査を数回受け
病院通いが続いています。


年齢を重ねるとはこのような事なのかと
あらためて感じる日々


ですが、有難いことに
一緒にいることが出来ます。


今、ここにいられるのは
家族のおかげ


決して一人では生きていけないので
私の周りのもの全てに
感謝して過ごしていきたいと思います。


2022年1月30日日曜日

あらゆる豊かさを得る方法





昨夜、オンラインでセミナーを受けて
最後にプレゼントの抽選があった。


プレゼントは5個の物、3個の物、1つしかない物
何種類かあり
はじめの方に発表されたプレゼントには
欲しいという感情が動かず


3つ目くらいのプレゼントを聞いた時に
欲しいという感情が


くじを引いて下さるまで10秒足らず
このプレゼントが欲しいと望み
プレゼントを頂くと決めた。


その瞬間、私の番号4番が呼ばれた。


頂くと決めた瞬間
4番が呼ばれると揺るぎない確信を感じた。
前回の小さな成功体験を得た時と
同じ感覚


そして、続けざまに起こった出来事
先週の金曜日に使ったカードが
なくなっていることに気づいた。


金曜日の朝に使ったことは間違いない
その時使っていたエコバッグを
会社に置いてきたので
その中にあるか
お店で落としたのではないかと感じていた。


エコバッグにあればいいけれど
落としていたら大変だと思いながらも


絶対不正使用はされていないと
根拠はないが確信があり
必ず出てくると思い込んでいた。
会社に出社して確認して
ない場合は、カード紛失届を出そうと
思いながら
金曜日と同じようにお店に伺った。


確かめもせずにカードの落とし物がなかったか
聞くのも申し訳なかったので
買い物をして、支払いをした瞬間


どこからともなく
金曜日に担当してくださった店員さんが
駆け寄ってこられて


「カード落とされましたよね。
お名前を教えてください」と仰って
あっという間に
私のカードを持ってきてくださった。


ひとことも、何も言っていないのに
エコバッグを確かめることもなく
カードが戻ってきた。


脳科学と
宇宙が私に恋する方法を使うと
あらゆる豊かさを得ることが出来る。


Asamiさんがセミナーで仰っていたことは
この様なことだったのだと
ようやくわかった。


宇宙が私に恋する方法を受けようと
決めた時は
Asamiさんがそうは仰っても
そんなに簡単に手に入るのでしょうかと
半信半疑でした。


脳科学だけ
宇宙が私に恋する方法だけではなく
両方をしなければ豊かさは手に入らない。
身を持って体験した出来事でした。

2022年1月27日木曜日

小さな成功体験を積み重ねる






昨日のAsamiさんとの
人生の哲学コンサルティングで


過去脳から未来脳へのパイプの配管工事を
学んでいるときに


自分自身が知らないながらも
配管工事をし、成功体験を得ていたことを
思い出しました。


今の会社に入ってすぐの健康診断を受けた
次の日に病院から1本の電話が
「健診結果が悪いので専門の病院で
再検査を行なってください」と


普通ならば、1、2週間後に郵送で
検査結果は送られてくるもの
病院から電話があるというのは
相当、悪い状況であると感じました。

幸いにも、3日後に専門病院の
検査の予約が取れ行くことに


Franは2歳、Rickが我が家に来たばかり
私は病気になるわけにはいかないと
強く強く自分に言い聞かせ
検査に臨みました。


検査後、結果が出るまでの1週間
絶対に大丈、私は病気でないと
常に思い続けていました。


私は病気ではないと望み
良い結果を掴むと決めて
検査結果を聞きに行きましたら
先生も驚く結果で
どこも悪いところはありませんでした。


脳科学を学んで、知ってしまった今
小さな成功体験を積み上げて
なりたい自分になり、望む未来を
手に入れたいと思います。

2022年1月22日土曜日

ASAMI-PARIS「宇宙が私に恋する方法」を受講して








今年の我が家付近は
本当に寒い雪の日が続いています。
引っ越してから25年以上経ちますが
こんなに雪が降るのも初めてです。


私は時差出勤をしていますので
AM5時には車で家を出ますが
その時間以降に雪が降っているようで
会社に行くことには支障がありませんでした。


しかし先日は、昼に雪が降り続き
気温も低いため
凍結していたら危ないから
ホテルに泊まって、明日帰ってきたらと
主人からのメールがあり
急遽、ホテルに泊まることに


以前でしたら、次の日は休日
ホテルに泊まるとお金もかかるので
ゆっくり、ゆっくり帰れば大丈夫かと
帰っていたと思います。


しかし、その時
先日、事故をされた方のことが
思い出され


家には主人がいて
Rickのことも心配いらないしと
champagneと
以前から読みたかった本を購入し
意気揚々とホテルステイさせて頂くことに


事故をされた方を思い出したことは
宇宙からのサイン。


そのサインに従い
ホテルステイを決めたら
会員であったホテルの無料宿泊券を
使うことができ
夕日が見える部屋に
アップグレードして頂け
優雅な時間を持てました。


先日受講させていただいた
ASAMI-PARISの
今月のコンシェルジュ
ご教授いただいた思考を
こんなに早く使い
実感することになるとは
思ってもいませんでした。


何を観て、何を感じ、何を行うか
今までの脳の習慣と共に生きていくと
本当に生きにくくなっていくと感じます。


ぜひ、新しい思考を手に入れ
生きていかれることを
お勧めいたします。

2022年1月19日水曜日

官能美とは上質なオーラ



私がSexyだと感じる方
それは余裕のある人


自分を全てを受け入れ
自分を愛することが出来る
自信から生まれる余裕。


露出が多いことや
媚びるなど
自分からのアピールや
見た目や年齢など
あからさまなものではなく


意志を持った瞳
美しい姿勢
落ち着きのある声が生み出す
上質なオーラこそが官能美。




母の決意







何度目になるであろうか
母の手術の日が決まった。


昨年、老人性黄斑からの網膜剥離
網膜剥離手術後、首の神経の圧迫を起こし
手の痺れが取れない。


3月に圧迫を緩和する手術を行うと
妹からの電話


網膜剥離の再手術は頑なに拒んだ母
しかし、今回は自らすすんで手術を決めた。


心臓に持病がありながらも
片手では足りない手術を受け
今年年末には80歳を迎える。


手術をするということは
少しでも自由に生きたいという証。


妹、主人とRickで
出来得るサポートをして


夏には旅行に行くことを
モチベーションに
母には元気になってもらいたい。

2022年1月18日火曜日

冬の土用期間







昨日1月17日から「冬土用」入り。
2月4日の立春直前まで、
およそ18日間続きます。


寒暖差厳しく、
カラダも疲れやすい時期。


土用という期間には
古代中国の思想である
「陰陽五行説」がかかわっています。


陰陽五行説は自然界のあらゆるものを
陰と陽にわけた陰陽論

自然界は
もく」「」「」「ごん」「すい」の
5つの要素でなりたっているとする五行説


この2つを組み合わせて
宇宙や自然、人事など
ありとあらゆる現象を説明する理論です。


四季を五行説で表そうとした時
五行説が持つ5つの要素に1年を表す
四季を当てはめ
春=木、夏=火、秋=金、冬=水としました。


ですが、これでは五行説の構成要素である
「土」が欠けてしまいます。


そこで、それぞれの季節の終わり約18日間に
「土」を割り当てて「土用」としたのです。
「立春」「立夏」「立秋」「立冬」各日の前
約18日間が土用の期間となっています。


冬土用は、未の日に
「ひ」のつく食べ物や
赤い食べ物を食べるといいとされています。


2022年の未の日は、1月18日と1月30日です。
「ひ」のつく食べ物はこの時期が旬のひらめ
赤い食べ物はトマトが代表格です。


土用は季節の変わり目に当たる期間ですから
体調管理にも十分気を付けて
過ごしていただけたらと思います。

2022年1月17日月曜日

ハレとケと美学







日本の民俗学の祖とも言える
柳田國男氏が
日本人の伝統的な世界観として
見出した概念「ハレとケ」

ハレ=晴れあるいは霽れは
儀礼や祭、年中行事などの非日常
ケ=褻は普段の生活である「日常」を表すもの。


ケがあるから
ハレを楽しみにするのですが
ついついハレのほうに
目を向けてしまいがちです。


しかし、ケである日常に
もっと目を向けていくことが
大事なのではないかと思います。


ハレ舞台での
着慣れない服
普段と違う振る舞い
使い慣れない言葉遣いには
やはりぎこちなさが出てしまい
本質は隠せません。


エレガンスは振る舞いに表れます。


フランス人にとっての
マナーとは自分らしくあること
自分や人を愛することにあると
聞いたことがあります。


作法を知ることは
いざという時に
焦らずに対処でき
余裕につながります。


しかし、作法を
ただ身につけるだけでは
本当のエレガンスや品格は
身につきません。


人生を豊かに生きるために
日常をハレ舞台に
言葉遣いも所作も
特別ではなく日常に。

2022年1月16日日曜日

宝塚トップスターに見る美学






昨日、宝塚大劇場にて
月組トップお披露目公演を観劇してまいりました。


宝塚歌劇には
女性だけで演じられていることに
理由なき違和感を感じていて
初観劇は15年前


ベルサイユのばらで2番手であった
安蘭けいさんを観て魅了され
今までの概念を覆され
その後、観劇させていただいています。


コロナ禍でもあり
3年ぶりの宝塚観劇でした。


月組さんは
月城かなとさんのトップお披露目
映画のミュージュカル化で満席でした。


月城かなとさんは初見でしたが
とても美しく、お芝居も心に響きました。
個人的には、エリザベートのトートを
演じていただきたいと感じました。


ショーは「FULL SWING!」
ジャズは私自身がとても好きなので
より見入ってしまいました。


ショーの一場面でトップの方と
多分、二番手、三番手の方が少人数で
ダンスを踊られる場面がありました。


同じダンスをされているのですが
どうしてもトップの方に目を奪われる


ダンスがお上手なのは間違いありません。
ですが、それだけではない何かがある
そう思いながら見続けていました。


最終的に私が感じたのは
最高に美しく見える角度
そして止めるところはピタッと止める。
先端がどれだけ整っているか。
(指先が揃っている、つま先の方向等)


娘役の方は、今回のショーでは
膝丈のドレスが多かったので
二本足で立った時に
膝がどれだけ内に入っているか。
ダンスされている時の
膝のわずかな向きで
その瞬間のオーラが全く変わると
感じました。


トップスターになる方というのは
そのようなことは勿論考えていらっしゃり
瞬間瞬間でキメにいかれて
日々、邁進されているから
トップにまで上りつめられるのでしょう。


2022年1月6日木曜日

人日の節句


 

「七草」として知られている1月7日
本日は五節句の一番最初
人日(じんじつ)の節句にあたります。


在宅勤務でしたが
いつも通り4時に起床し
七草粥を作りいただきました。


七草については
以前調べておりましたが
人日の節句については
詳しくありませんので
調べてみました。


人日は中国から伝来した風習
その呼び名は
中国の前漢時代の文学者・東方朔(とうぼうさく)の
占いの書に「正月一日は鶏を占い
二日には狗(いぬ)を占い
三日には羊を占い
四日には猪を占い
五日には牛を占い
六日には馬を占い
それぞれの日に、占いの対象となる動物を
大切に扱ったそうです。


そして新年七日目は
人を占う日にあて
これを人を大切にする
人日(じんじつ)という節句としたそうです。


また、中国の年中行事や習俗を記した
「荊楚(けいそ)歳時記」の正月のくだりに
「正月七日を人日と為す。七種の菜を以って
羹(あつもの)を為(つく)る」と
記載がある通り


中国では7日にその年に取れた若菜を
“あつもの”(スープ)にして食する風習が
古くからありました。


この風習と日本の宮中で
1月15日に7種類の穀物の粥(かゆ)を
食べて五穀豊穣(ほうじょう)を
祝っていた風習とが融合し
現在に「七草粥」として
伝わったといわれています。


薬が簡単に手に入らなかった時代
凍てつく寒さの中
力強く芽を出した若菜の持つ
大地のパワーを体に取り込み
若菜を“生薬”としての意味合いで
摂取されていたのかもしれません。

活字の美学






本日、活字の美学を受講いたしました。


受講する直前に Blogを綴っておりましたが
再考したく


受講したばかりの活字の美学について
綴らせていただきます。


Blogを綴りはじめて
どのくらいになるでしょうか


書きはじめた時は
ただ、なんとなく
日記の延長でした。


そうしている間に
何かをお伝えしたい
発信しようと思い
綴っておりましたが


今思えば、書き殴っていた
そんなふうに感じる
お恥ずかしい Blogでした。


本日、asami-parisの
今月のコンシェルジュ
「活字の美学」を受講


見た時の印象
文字の並び、配列


自分の思う世界観
読んでいただく方が
感じる世界観


全てにおいて
配慮がなかった
私の Blog


知らないとはマジ恐ろしい
・・・と今までの私なら
表現していたでしょう。


拙い、幼稚な表現をあらためたくて
受講した「活字の美学」


Blogを読んでいただいている方は
私のblogを読んで
読んだ瞬間に Blogを閉じた方も
いらっしゃると思います。


それ程、言葉に配慮がありませんでした。


なぜなら、私はそこまで言葉を選び
Blogを書いていませんでした。


この度、活字の美学を受講したことで
私の意識は


今までフィルターがかかっていて
観ようともしなかったことに
フォーカスすることが出来るようになりました。


Asamiさんと活字の美学の
お話をさせていただいたのが
昨日


早くても、金曜日
もしくは月曜日の受講の予定でしたが
Asamiさんの神技で、本日の受講が叶いました。


何事においても
知らないとは本当に損をします。


自分で考え、調べることも大切ですが
必要なことは
その道のプロに教えていただくのが一番


その後、自分で考え
自分で使えるようになれば
よろしいのではないでしょうか。