2020年12月5日土曜日

Kaiunダイアリー2021オンラインセミナー






Kaiunダイアリー2021オンラインセミナーのご案内です。

今年は世界を巻き込む予測出来ないことが起こり
仕事やライフスタイルなど、環境に変化があり
意識の変化も多い1年でした。


私自身も移動が極端に減り
自宅で過ごす時間が多くなりました。


今年も残すところ1ヶ月を切りましたが
九星気学や風水では2021年は2月から始まりますので
まだ2ヶ月あります。


2020年は七赤金星 庚子の年でした。
2021年は六白金星 辛丑の年
来年はいったいどうなるのでしょうか?


年によって流れるエネルギーは変わります。
エネルギーが変わるということは
ご自分の運氣も変わるということです。


セミナーでお伝えすることは
・2021年はどんな年になるのか
・運氣を上げる開運ポイント
・九星からみた運氣アドバイス
・九星別の吉方位など

来年の運氣

そして、あなたの運氣を知って

運を管理することで未来を変えてみませんか。


Kaiunダイアリーオンラインセミナー

 日    時:2020年12月19日(土)10:30〜13:00
         12月20日(日)13:30〜15:00 

 場 所:オンライン参加のみ。ビデオ、音声ありのご参加が必須となります。
     お申込みの方にZOOMの情報をご案内いたします。   

 受 講 料:20,000円(Kaiunダイアリー3,000円含む)

 お申込みはこちらよりお願いいたします。

2020年12月4日金曜日

美しさを諦めない




女性として生まれた限り
きっと誰でも美しくありたい
と思っているはず

ですが、ちょっとしたきっかけで
美しくありたいと思うことを諦めてしまう


頑張ってメイクして出掛けたら
派手だと言われたり

太ってしまって、洋服から選ばれる立場になったり

仕事や子育てが忙しくなりすぎ
美を追求する時間がなくなったり

ケミカルなものに対する嫌悪感から
メイクは自然しているのが一番だと思ったり

もう歳だし、どうせ私なんて・・・
もう外見なんてどうでもいいなんて思ってしまったり

きっかけは色々ですが
美しさからどんどん離れていってしまうこと
離れてしまったことありませんか。

上記は、私が経験したこと全てです。

メイクもほとんどせず
年から年中、ダイエットしていますと言いながら
なんの努力もせず
年齢ばかり重ね、変わらない数十年を生きてきました。


勿論、外見が美しいに越したことはありませんが
元来備わっている、美しいマインドや健やかな身体を大切に
整え健康であれば美しいはずです。

そこに、お気に入りの洋服や
お似合いのメイクが加われば、美しさが増します。

女性に生まれてきたのですから
女性であることを意識して
美しさを諦めないで自己表現をし
何歳になっても、魂が喜ぶ人生を過ごしたいと
今、Asami-Parisで「美」を学び感じています。




2020年12月3日木曜日

ハイヒールで歩くと脚のラインが変わる




ハイヒールレッスンを受けて
私自身、脚のラインが変わりました。

まず、断っておきたいのは
脚の美しさを決めるのは
太さや細さではなく、どこに筋肉がついているかです。


私も脚にコンプレックスを持つひとりですが
多くの方がご自身の脚にコンプレックスをお持ちです。

脚のラインが美しくならない原因は
体重の掛け方と歩き方です。

私のことばかりで恐縮ですが
以前は、脚の裏の外側に体重が乗っていたため
靴の踵は外側ばかり減り
脚の外側ばかりが発達していて
膝はくっついていましたがO脚のような脚のラインでした。


ハイヒールレッスンで、適切な筋肉を使って歩くことを学び
決して、着地時に踵から着地せず
母子球に体重を乗せ続ける。


母子球にきちんと体重が乗ってこそ
初めて私たちの身体は脚の内側の筋肉を適切に使うことができます。

歩き方が変われば、脚のラインは変わります。
ハイヒールレッスンを通して、意識を続けていくうちに
脚のラインは変わります。
大切なのは、日々の意識と努力です。

2020年12月1日火曜日

マルチタスクからシングルタスクへ



マルチタスクとは複数の作業を同時にもしくは
短期間に並行して切替ながら行うこと
 
 
先日読んだ本にマルチタスクは
非効率だという記事が
  
効率が全てというくらい
仕事でもシステムを2つ同時に開いて
バッチ処理で動きが遅くなったら
違うシステムで仕事して
また戻る、ということを日常的に行なっていました。
 
 
しかしこれは、同時にふたつ以上の作業を
こなしているように見えますが

実は脳がそれぞれの事柄を
忙しく行ったり来たりしているだけのことなので
作業効率が上がっているわけではないそうです。
 
 
効率的で、仕事が捗ることを行なっていると思っていたので
このことを知ってとってもショックでした。
 
 
そもそも人間の脳は、同時に複数のタスクを
上手にこなすようにはできていないらしいです。
 
 
マルチタスクを続けると脳に負担をかけ、
脳にダメージを与えるとさえ考えられています。

 
日常的にデジタル機器を使って
マルチタスクをしている人は
ひとつの仕事に集中している人に比べると
注意力が散漫になり、情報を思い出したり、
仕事と仕事の切替がうまくできないそうです。
 
 
時差出勤を始めて
人は少ないし電話もならないので
とても集中して仕事ができるので
これを機にパソコンで2画面、3画面開いて
仕事をするのを辞め
ひとつの仕事が終わったら
システムは終わらせて
その仕事に関係する書類も片づける。
 
次の仕事を始める時は
その仕事に必要な書類のみを出して
パソコンの画面を新しく開く
そんな風に仕事のやり方を変え
 
人や電話の横やりが入らないのも
要因かもしれませんが
明らかに仕事は以前より捗るし
タイプミスは少なくなり
目の疲れがとても楽になりました。
 
 
私のやっていたマルチタスクは
目を忙しく動かしていただけ
 
今、流行りの鬼滅の刃の「全集中」ではありませんが 
シンプルにひとつのことを集中してやっていく方が
私には合っていたようです。


2020年11月26日木曜日

腰痛の緩和





仕事で7時間ほどは座っていることが多いので
以前は、夕方になると腰に鈍い痛みを感じ
いつの間にか腰をかばって
日常の動作に不便を感じていた。

人が抱える自覚症状で最も多いのが腰痛だという調査もあり
多くの方が腰痛の悩みを抱えていらっしゃるのではないかと思います。


私が1日7時間くらい仕事で座り続けても
腰の痛みを感じなくなったのは
ストレッチを行うようになってからです。


腰痛回復の為には、2つの運動が必要であり
ひとつは「筋肉をほぐして柔軟性を増すストレッチ」
そして、もうひとつは「筋肉を鍛えて強くする為の筋トレ」です。


ハイヒールレッスンでは、
まず、筋肉の柔軟性を増し、自然治癒力を高めるストレッチをし
その後ハイヒールレッスンで筋肉を鍛えます。


ハイヒールで歩くと余計に腰痛がひどくなりそうと
思われるかもしれませんが
フラットシューズよりも美しく正しい姿勢を
意識しやすいハイヒールは
じつは腰痛改善アイテムと言えます。


日々、ストレッチを行い
ハイヒールで正しく筋肉をつけて
腰痛は軽減されました。
必要なのは、日々の意識と努力です。

2020年11月24日火曜日

奇門遁甲を学ぶ






3連休の土日は奇門遁甲を学んでいました。

奇門遁甲は、三国志で有名な諸葛孔明が
兵法として用いて連戦連勝したと言われています。

現代では方位術として、願望成就や勝利をもたらす
良い気がある方角(吉方位)と
そこへ向かうのに最適な時間を割り出せるため
引越や旅行・営業・デートなど様々な用途に合わせて
活用できる開運法です。

人の運命は生まれた時に7割決まっていて
残りの3割は変えることが出来ると言われています。
たかが3割と思うか、3割変えられると思うかで
人生は随分変わっていくと思います。

奇門遁甲を使って開運のお手伝いができるよう
自分自身で検証を重ねていきたいと思います。






2020年11月21日土曜日

風水は天気予報




風水は天気予報
こちらの言葉は私が師事している
谷口 令先生がおっしゃってるお言葉

天気予報で明日は雨となっていたら
傘を持って出かけますよね。
風水って運気の天気予報です。


毎年、年末には来年はどんな年になるのか
十干十二支や九星気学を読み解き考えます。

今年2020年は庚子の七赤金星の年
終わりの始まり、一時代が終わり新しい時代へと言われていました。

・パラダイムシフト
・自分を変える
・二極化

他にも沢山のキーワードがありました。

コロナ禍で、家にいることが当たり前になり
外に出ることが好きだった私は
在宅勤務も始まり、家にいなければならなくなり
仕方なく、家をより居心地良くするために整え


ゴールデンウィークくらいにはコロナも収束して
新生活様式で海外旅行も行けるだろうと
呑気に考えていた私は
あまりにも変わりすぎた現実を受け入れられず
初夏は、とても辛い状況で過ごしていました。


そんな時、もう一度初心に帰って
今年がどんな年か
私自身がどう過ごせば良いかを見直し


これまでに見たことのない社会が出現し
異なる次元に突入したことを認め
やっと自分を変えなければ
二極化の波に取り残されるとやっと理解し


どのように自分を変え、二極化の波に
振り落とされないでいられるかを考え
その時に出会ったのが、ASAMI-PARISの脳科学コースです。

もし、私が風水を学んでいなかったら
脳科学にも出会わず
第3波が確実となった今
どのように過ごしていたかは考えたくもありません。